のりブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のりブログ

とあるゲームプログラマーのブログです。ゲーム業界やゲーム開発、ゲームの感想、雑記などを書いています。

ドラクエ10 ダークドレアムに惨敗

前回、ピラミッドを制覇して、次は何をしようかと考えていたところ、ダークドレアムのクエストをやっていなかったので挑んでみました。

スポンサーリンク

 

結果は惨敗。

とりあえず、戦ってみようと妻と同盟を組んで、私+CPU3人と妻+CPU3人で挑みました。パーティ構成は、戦士、魔法使い、魔法使い、魔法使い、魔法使い、僧侶、僧侶、僧侶でした。

ダークドレアムは、他のパーティと同盟を組んで8人で戦うクエストとなっています。

それにしても、グランマーズが前いた世界が滅んでしまったと言っていましたが、ドラクエ6の世界のことでしょうか?

気になりますが、それは置いておいて、ダークドレアム戦です。

ダークドレアムは20分の時間制限があり、12万ものHPがあるとのことで、火力を上げるため、魔法使いを4人入れました。そして僧侶は3人入れるのがスタンダードらしいので3人いれています。

私(戦士)は真やいばくだき、鉄甲斬で攻撃力と守備力を下げ、チャージタックルで相手の動きを抑えます。

後は魔法使いががんがんメラゾーマです。ダークドレアムのHPが黄色になりましたが、ばくだんいわを召喚され、メガンテで魔法使い3人が即死!即死耐性付きの人を雇う必要がありそうです。

その後、一時的に立て直すも、なかなか安定せず、僧侶が2人やられた直後から一気に全滅してしまいました。

魔法使いが沢山いるので、ドラキーのパーティ全体の魔力を2倍にする特技が効果的だろうと考え、次回はドラキーを入れてリベンジしてみたいと思います。

私はドラキーを育てていないので、妻まかせです!妻も次までにドラキーを+8にするとやる気になっているようです。

ちなみに+8とは転生回数のことで、モンスターはレベル50になると、転生してレベル1に戻り、スキルを強化できるというシステムがあります。

+8とは、転生を8回繰り返すことでけっこう大変です。

といったところで、ダークドレアムに惨敗という話でした!

次回準備が整ったらまた挑もうと思います。