のりブログ

ゲーム関連(攻略/レビュー/業界情報/開発秘話)、および雑記(お出かけ情報)などをメインに書いています。

【ポケクエ】ハイドロポンプ・スターミーの作り方

こんにちは!のりです。

ビルドアップ・ミュウツーの作り方を書いたので、ハイドロポンプ・スターミーの作り方もせっかくなので書いてみたいと思います。

 

ハイドロポンプ・スターミーを2体ゲットした記事

 

・ビルドアップ・ミュウツーをゲット&作り方の記事

 

スポンサーリンク

 

 

ハイドロポンプ・スターミーの作り方】

 

「材料は簡略化のため、下記ような●■などで表記します」

●:ちいさなキノコ ■:おおきなねっこ

●:ブリーのみ ■:つめたいいわ

●:ぼんぐり ■:あまいミツ

●:カセキ ■:かおるキノコ

虹:にじのマテリアル 貝:しんぴのかいがら

 

ヒトデマンを呼ぶ

ヒトデマンは「カクコロウォータカウダ」でそこそこの確率でやってきます。

・カクコロウォータカウダ (ふつう)「材料:

3回に一回やってくるかどうかくらいの確率なため、若干根気が必要です。探索を2回すると料理が完成するので、とにかく数をこなせばなんとかなります。

 

ヒトデマンをスターミーに進化させる

技が一つだけのヒトデマンがやってきたら、ヒトデマンをスターミーに進化させます。技が2つ付いている場合は、オートで動かす場合にハイドロポンプをあまり使ってくれなかったり、ハイドロポンプにつけられる石が少なくなってしまうので、技は1つだけのタイプの方がおすすめです。

ヒトデマンは、レベル36でスターミーに進化します。レベルアップ特訓で余ったヒトデマンや水タイプのポケモンを特訓相手にしてレベルをさくさく上げましょう。

 

・スターミーに進化したら、わざひらめき特訓でハイドロポンプを覚えるまで粘る

スターミーに進化したら、わざひらめき特訓でハイドロポンプを覚えるまで粘ります。ヒトデマンのままでは、ハイドロポンプは覚えないので注意です。特訓相手には技が2つなどで余ったヒトデマンがおすすめです。同じポケモンを特訓相手にするとひらめき確率がほぼ100%になります。ひらめき確率が下がってきたら「スターミー」に進化させて特訓相手にするとさらに確率が上がるのでおすすめです。

他にも余っている水タイプのポケモンがいれば特訓相手にガンガン使ってしまいましょう。

 

スポンサーリンク

 

ということで、 ハイドロポンプ・スターミーの作り方でした。基本的に、他の強ポケモンである「りゅうせいぐんカイリュー」や「サイコキネシスフーディン」もレシピで技1つタイプを呼んで、同じ種族や同じポケモンでわざひらめき特訓をするという手順がおすすめです。

というか、これ以外に方法がない気もしますが。(笑) 私は、「りゅうせいぐんカイリュー」や「サイコキネシスフーディン」も作ってみましたが、正直「ハイドロポンプ・スターミー」と「ビルドアップ・ミュウツー」は別格だと思います。とにかく強いです!攻略サイトなどでももう最強ポケモンは「スターミー」「ミュウツー」で固定されている感じがします。

といったところで、今後は図鑑集めをしようかなと思っています。現在、私のポケモン図鑑は「67/150」となっております。意外と集まってませんね。(笑) ポケモン集めというと小さい頃にゲームボーイで赤緑を遊んでいた時を思い出します。おっと!年がバレますね。(笑)

以上、【ポケクエ】ハイドロポンプ・スターミーの作り方でした。