のりブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のりブログ

とあるゲームプログラマーのブログです。ゲーム業界やゲーム開発、ゲームの感想、雑記などを書いています。

上司が「最近、長時間労働について騒がれているから、休日出勤禁止、深夜残業禁止、平日9時~22時の12時間勤務にしよう」とか言い出した話。

こんにちは!のりです。

以前、残業300時間なんて記事を書きましたが、最近はすっかり平日7.5時間勤務、土日祝日休みのホワイト企業になりました。しかし、最近、上司が不思議なことを言い出しました。私の会社は裁量労働なので、法律的に時間指定はできないはずなのですが、知ってか知らずか、やたら9時~22時勤務を主張し始めました。

まあ、それを受けて実際に12時間勤務している人は今のところ見受けられませんが、なぜ、今更そんなグレーゾーンな主張をし始めたのか、何となく考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

?

目次

休日出勤禁止

休日出勤禁止はいいことだと思う。

休日出勤してはいけないというのは、いいことだと思います。週休二日と言われるより、禁止と言われた方が休みやすいですよね。まあ、休日も出勤しないと仕事が終わらないという方や、休日出勤手当てをあてにしている方にとっては、何を言っているんだという感じになるかもしれませんが、大半の人にとっては休日に確実に休めてプライベートを確保できることは良いことだと思います。ゲーム会社のイメージからすれば、実にホワイトな内容ですね。

深夜残業禁止

深夜残業禁止もいいと思う。

これもとてもいいことですね。実にホワイトです。深夜残業とは、22時~5時までの時間に働くことで、この時間帯は、深夜残業手当が付きます。しかし、深夜残業手当は、休日出勤手当てに比べれば1/4程度の額が通常となっているため、わざわざそのために深夜残業したいと思う人は少なく、なにより深夜に働きたくないですよね。

9時~22時の12時間勤務

これが問題。

休日出勤禁止、深夜残業禁止は実にホワイトでいい取り組みです。しかし、なぜ、9時~22時なのか。この流れであれば、9時~18時や、10時~19時などを推奨するところだと思います。

残業代節約か?

まず、最初に思いつくこととしては、残業代節約です。裁量労働では、休日出勤手当て、深夜残業手当て以外は、みなし残業手当てとして固定額が支払われ、月に何時間残業しようと残業代は変わりません。多くの場合、みなし残業時間は月10時間~20時間程度を見積もっており、仮に1日12時間勤務をした場合、規定の7.5時間を引いて、4.5時間の残業となります。これで20日毎日4.5時間残業したとすれば、月90時間の残業となってしまい、みなし残業時間を大きく超過することになります。

会社としては、70時間のサービス残業のようなものとなるわけですが、労使協定などがあったとしても、けっこうなグレーゾーンです。よくある裁量労働の悪用ってやつですね。

そもそも裁量労働の人の勤務時間帯を指定することは、やんわりとした希望を出すことは可能だが、強制させることは法律違反

業務上、できればその時間に来てほしいみたいなことをお願いすることは可能ですが、来て下さい!と言い切るのは問題となります。実際に、今回の話は絶対に来いと言っているわけではないので、違反ではないという考えだと思われます。

他の部署に売り上げを抜かれたので、焦ったのか?

個人的な見解としては、今の部署がここ最近他の部署に売り上げを越され、その他の部署の人が一気に昇進したので、上司が焦っているのかという気もしています。しかし、サービス残業を増やして、予算を節約するとは何とも愚行のように思えます。

実は裏をかいた高等テクニック?

残業するな!と言っても残業する人がいる

ゲーム会社は、ゲームが好きで働いている人が多いため、割と残業するなと言っても残業する人がけっこういます。

残業しろ!と言ったら嫌になって残業しなくなる?

逆に残業しろ!と言われ、その上、9時~22時まで働いて、残業代が発生する休日や深夜はするな!というサービス残業を強制するようなことを言われれば、好きな仕事といえ、何となく嫌な気持ちになります。

残業を断れない環境であれば問題ですが、裁量労働である以上、実質の強制力はなく、むしろ言われるがまま残業するなんて嫌だとなるのではないかと思います。

実際に、上司が12時間勤務を主張するようになってから、残業する人が減ったように思えます。

残業を減らすための高等テクニックだったとすれば、上司はすごい。本気で言っているのであれば、大丈夫かと不安になる。

残業を減らすための作戦だったのであれば上司はなかなかの策士です。本気で12時間働いて、予算を削減して作れと言っているのであれば、この先が不安になります。

上司に実際に真意を聞いてみても、よく分からない理由ではぐらかされるので、本当のところは分かりませんが、前者であることを期待しています。

スポンサーリンク

?

まとめ

ということで、上司が12時間勤務をしようと言い出して大丈夫かと思い、ちょっといろいろと考察してみた記事でした。まあ、12時間勤務をしなくても特に怒るわけでもなく、定期的に告知するだけのものなので実害はありませんが、真意が気になると言えば気になります。

 

以上、上司が「最近、長時間労働について騒がれているから、休日出勤禁止、深夜残業禁止、平日9時~22時の12時間勤務にしよう」とか言い出した話。でした。

 

関連記事

norizn.hatenablog.com